だし仕込み壺漬け明太子 福ふく

「地元のおいしい明太子」。
福岡の人が真っ先にそう思い浮かべる
明太子づくりが夢でした。

「福ふくにしか作れない明太子」を作りたくて、
私たちがたどり着いた方法、手仕込み、壺漬け、だし仕込み。
そんな福ふくならではのこだわりが生んだ明太子が、
食べた人みんなを幸せな気持ちにできるように。
そして、「福岡で明太子といえば」と聞かれたら、
真っ先に思い浮かべてもらえるように。
私たちは今日も、おいしい明太子づくりに一所懸命励んでいます。

熟練の職人たちが丹精込めて手作り。

福ふくの明太子を作っているのは料亭で修業を積んだ職人をはじめ、熟練の職人ぞろい。だし仕込み明太子のおいしさを一人ひとりのお客さまに楽しんでいただくために丹精込めて手作りしています。なかでも、特製たれに漬け込んでからは、一つひとつのたらこのハリや漬かり具合を自らの目で見て、その感触をしっかり確かめながら、毎日ていねいに仕込んでいきます。

おいしさをじっくりはぐくむ小石原焼の壺。

おいしいだし仕込み明太子を追求するなかで出会ったのが、昔から貯蔵や梅干しなどを漬ける際に重宝されてきた小石原焼の壺。その窯元「小野窯」で福ふくのために特別に焼かれた壺は、温度を一定に保ちながら、たらこ一粒一粒のうまみを引き出し、じっくり熟成するのに最適の器です。この壺漬けにこだわることで福ふくにしか作れない豊かな味わいを実現しています。

奥ゆかしくも味わい深い「あたただし」

瀬戸内海に浮かぶ美しい島「阿多田島」。古くからイワシ漁が盛んなその島で生まれた「あたただし」は、イワシをメインに鰹、昆布、あご、海塩を理想的な比率でブレンドして醸し出された奥ゆかしくも深みとコクのある旨みが特徴です。福ふくの仕込みたれは、この「あたただし」をベースに「国産」「化学調味料・保存料不使用」にこだわって選び抜いた醤油、みりん、清酒、大分の魚醤を調合して作られています。

そうだかつお

コクのあるだしが取れる宗田節をベースに鰹の削り節をブレンド。香りがよく深みのある味わいが特徴です。

焼きあご

最高級のだし原料として名高い長崎産あごをはじめ、水揚げされたばかりの飛魚を焼き上げて使用しています。

昆布

北海道産を中心に全国から厳選した昆布を熟成。上品な風味を引き出し、他の材料と調和させています。

いわし煮干し

高品質かつ希少な新鮮イワシを厳選。苦みが少なくコクのある旨味を醸します。

海塩

ほんのりとしたまろみとあまみが特徴でミネラル分豊富な長崎産海塩を、塩分にも配慮した配合で加えています。