小石原焼の壺の中で瀬戸内海のだしとじっくり漬け込んだ壺漬け明太子。

小石原焼の陶器壺にて漬け込んだ壺付け明太子。
熟成原料は化学調味料・保存料・着色料不使用。
国産原料にこだわった材料を生かしただしに、
じっくりと漬け込んだ福ふくの明太子をぜひご賞味ください。

各職人がこだわり抜いた逸品

昔ながらの妥協しない製法で、各分野の職人の手により生まれた「福ふくの壺付け明太子」。保存料・着色料を使用していないので、時間が経つにつれ熟成が増し、丸みのある味に変わっていくのも特徴です。

瀬戸内海・阿多田島の「あたただし」

国産主原料にこだわり素材の美味しさを最大限に引き出すために新鮮なタラコと化学調味料・保存料不使用の「あたただし」を使用。

あたただし 国産原料にこだわった最高品質の厳選素材
全国各地の品質良い食材を長い年月と手間ひまをかけて厳選しました。
「昆布」気品に満ちた風味
北海道産を中心に、他の素材との相乗効果を考えて全国から最上の昆布を選別仕入れ熟成。

「そうだかつお」コクのあるだしが取れる宗田節
宗田節をベースに削り節にしたものを使用。香りやコクを上手く引き出し、さらに味の深みが増すように独自のブレンドを開発。

「イワシ煮干し」上品で深みのある味わい
一般流通ルートにはほとんど流通されていない高級だしとして重宝されているイワシを厳選。

「焼きあご」九州地方で最高級のだし
九州地方では最高級のだしとして重宝されている長崎産のあごを中心に使用。
水揚げされた飛び魚を丹精込めて焼き上げました。

「海塩」ほんのりと感じるまろみ・あまみ
長崎産のミネラル分豊かな海塩を使用。

特別に焼かれた小石原焼の壺

福ふくの明太子のために特別に焼かれた小石原焼「小野窯」の壺に、ひとつひとつ丁寧に漬け込んでいます。昔から貯蔵に使われてきた小石原焼の壺を使うことで、安定した温度で均一にタレがタラコの中まで行き渡ります。

営業日カレンダー

2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
毎月29日は福ふくの日